第5回ジャパンツーリズムアワードにて、最高賞「国土交通大臣賞」受賞

この度、株式会社百戦錬磨の取り組み「農泊と世界をつなぐ地域活性化サービス」が、ツーリズムEXPOジャパンが主催する第5回「ジャパン・ツーリズム・アワード」にて、最高賞である「国土交通大臣賞」を受賞いたしました。

15_o

百戦錬磨はこれまで「明確すぎる移動目的の創造」というコーポーレート・ミッションの下、 地域の個性溢れるユニークな宿泊施設のプロデュースや運営、 自社サイト「STAY JAPAN」等を活用した集客・販売を行って参りました。

今回、 受賞いただいた「農泊」領域での取り組みはその代表例となります。

205816_original

100262_original

「農泊」の概念は、 単に農家民泊だけを指すのではなく、 英語で言うCountryside Stay、 すなわち都市民泊以外の、 農山漁村地域における宿泊全般を指します。 弊社ではこの定義に基づき、 これまで農家民泊、 漁師民泊、 寺泊、 別荘泊、 古民家泊、 学校泊、 空手泊など実に様々なタイプの「農泊」をサポートしてきました。

205876_original

197903_original

今後も百戦錬磨は、 地域と二人三脚で、 地域ならではの個性を活かしたユニークステイを推進し、 世界中の旅行者と地域の交流が活性化するよう、 一所懸命に精進する所存です。引き続き、 ご支援のほど何卒よろしくお願い致します。

  • 国土交通大臣賞受賞に関する紹介文はこちら

 

◇ 受賞内容に関連するサービス

宮城県白石城にて、海外旅行業関係者を招いたファムトリップを開催

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、以下「百戦錬磨」)は、2019年9月24日(火)、25日(水)に実施した白石城(キャッスルステイ)体験イベントに引き続き、10月5日(土)、6日(日)に海外旅行業関係者や有識者等を招き、ファムトリップ(招聘旅行ツアー)を実施いたします。

  (9月24日、25日 城泊体験の様子)

                      B9C866B1-BF36-4444-BE5F-0C5D4DFAC542     IMG_7725

 

本事業は東北運輸局の訪日グローバルキャンペーンに対応したコンテンツ造成事業の一環で、百戦錬磨が受託を受け、運営を行います。百戦錬磨の城泊事業としては平戸城に続き、この白石城が第2弾の取組みとなりました。また、木造天守閣での「城泊」としては国内初の試みになります。

10月5日、6日は来年度の旅行商品販売を見据え、事前に白石市の様々な旅行コンテンツを体験いただき、欧米豪市場への販売に繋げたいと考えております。

 

ファムトリップ工程

10月5日(土)

  • ① 10:00 〜 取材可 白石蔵王駅お出迎え
  • ② 10:20〜 取材可 白石城見学、鬼小十郎まつり見学
  • ③ 12:00〜 取材可 昼食「白心堂」(地元食材を使った重箱ランチをご提供)
  • ④ 14:30〜 取材可 墨書体験「白石市中央公民館(白石市字寺屋敷前25-6)」
  • ⑤ 15:45〜 取材可 「おもしろいし市場(白石市福岡長袋八斗蒔20-1」見学
  • ⑥ 17:00以降、「時音の宿 湯主一條(白石市福岡蔵本鎌崎一番48番地)」にて宿泊

10月6日(日)

  • ① 10:00〜 取材可 日本舞踊体験「碧水園(白石市南町2-1-13)」
  • ② 11:30〜  取材可 昼食「鮨敏(白石市兎作36-1)」
  • ③ 13:30〜 取材可 百矢納め「小原公民館道場(白石市小原字中北前田3-2)」
  • ④ 15:40〜 取材可 白石蔵王駅お見送り

 

なお百戦錬磨は、今年度の事業が終了した後も、STAY JAPAN(https://stayjapan.com)にて来年以降の白石城 城泊に関する予約情報等を発信していく予定です。

JR東日本、JTB他と連携した訪日旅行者向けキャンペーン開始

百戦錬磨は、大型スポーツイベントなどにより多くの海外旅行者が訪日されるこの機に、JR東日本、JR東日本リテールネット、JTB、東急ホテルズ、プリンスホテル、JR東日本ホテルズと共に、各社が提供するサービスやお得なプランを紹介する特別連携サイトを開設します。

特別連携サイトでは、各社が提供するサービスとともにJR東日本が提供する訪日旅行者向けパスを利用したモデルコースをご紹介し、連携サイトならではの相乗効果を図ります。

 

1

 

(1)特別連携サイト開設期間:2019年9月20日(金)~11月5日(火)
(2)特別連携サイト対象市場:イギリス版、オーストラリア版
(3)連携サイトURL:
(イギリス版)https://www.eastjapanrailway.com/gb/2019-collaboration/
(オーストラリア版)https://www.eastjapanrailway.com/au/2019-collaboration/

 

プレスリリース本文はこちら

城泊事業の第2弾、宮城県白石城で開催

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)は、2019年9月24日(火)、25日(水)に、東北運輸局・宮城県白石市と共同で、白石城の城泊(キャッスルステイ)体験イベントを実施いたします。木造天守閣としては、国内初の城泊になります。

 

図2

 

本事業は東北運輸局の訪日グローバルキャンペーンに対応したコンテンツ造成事業の一環で、百戦錬磨が受託を受け、運営を行います。百戦錬磨の城泊事業としては平戸城に続き、この白石城が第2弾の取り組みになります。また木造天守閣での「城泊」としては国内初の試みになります。

本事業では欧米豪の富裕層向け観光コンテンツを造成し、来年度の旅行商品販売を目指しておりますが、まず白石城「城泊」体験イベントを9月24日(火)、25日(水)に開催し、インバウンド事業に精通した外国人有識者であるサンマリノ共和国大使のマンリオ・カデロ氏夫妻をご招待し、白石市の歴史・文化・食を体験していただきます。白石蔵王駅での武将隊や足軽隊など武士の時代をイメージさせる演出でのお出迎えを始め、夕食では現代風に復活させた片倉御膳、昼食では白石名物「うーめん」といった食体験、また居合道や墨書、日本舞踊など日本らしい体験を織り交ぜ、白石の良さをアピールする内容になっております。

 

プレスリリース本文はこちら

JA全農と農泊分野で包括業務提携契約を締結

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)は、全国農業協同組合連合会(本所:東京都、代表理事理事長:山﨑周二、以下「JA全農」)と本年8月1日、戦略的事業パートナーとして農泊事業等を推進することに合意し、包括業務提携契約を締結いたしました。

 

2

 

今回の業務提携を通じ、相互の経営資源やネットワーク、情報・ノウハウ等それぞれの強みを最大限活用し、JAグループにおける「農泊」の開業・運営支援、「農業体験・イベント」の企画・運営支援、「農泊関連サイト」の開発・運営、空き家管理サービス事業等、多面的な事業領域において協業し、地方創生、地域活性化に貢献してまいります。

JA全農は、2019年度からの3か年計画における重点施策として、地域のライフラインをささえる事業を強化するとともに、インバウンド需要の取り込みや農泊事業などを通じて、地方に人と需要を呼び込み、元気な地域社会づくりを支援します。

プレスリリース本文はこちら

STAY JAPANが全面リニューアル 、地方のユニークな体験型宿泊に特化

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)はこの度、合法民泊予約サイト「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)を全面的に改修し、地方のユニークな体験型宿泊施設に特化した予約サイトにリニューアルいたしました。

1

近年、訪日外国人の増加に伴い、日本の地方に訪れる外国人の数は年々、拡大傾向にあります。 「STAY JAPAN」ではこれまで地方の体験民泊・農泊を多く掲載してきましたが、今後の地方のインバウンド市場成長余地を鑑み、より一層、日本の地方のユニークな体験型宿泊施設にフォーカスした予約サイトにリニューアルいたしました。

 

プレスリリース本文はこちら
英語版はこちら
繁体字版はこちら

 

百戦錬磨・Saibay が外国人紹介の新会社設立

株式会社百戦錬磨(本社 宮城県仙台市、代表取締役社⻑ 上⼭康博:写真右)と株式会社
Saibay(本社 東京都港区、代表取締役社⻑ 長谷部駿:同左)は、観光業に特化した外国人
紹介を行う株式会社Stay Japan Jobs(本社 東京都千代田区、代表取締役社長 長谷部駿)を
2019年5月14日、共同で設立いたしました。

 

sjj

 

株式会社Stay Japan Jobsは株式会社百戦錬磨と株式会社Saibayの知見・ネットワークを活かして
、地方の観光開発会社、宿泊施設、DMO等の観光事業者に外国人を含めた観光人材を紹介いた
します。
本年度中に外国人人材2万人が登録する人材プラットフォームを構築を目指し、将来的には、
日本文化に関心のある人材を全世界から募集し、教育・就労支援を行うことで地方の労働力を
生み出し、世界と日本地域の架け橋として地方創生に貢献してまいります。

プレスリリース本文はこちら
英語版はこちら

日経産業新聞(2019.7.19)にて、当社の城泊の取り組みが紹介されました

7月19日、当社の平戸城での城泊の取り組みが日経産業新聞にて紹介されましたので、お知らせいたします。

「城に泊まって殿様気分、長崎・愛媛で来年から」と題する特集の中で、当社グループ、JAL、アトリエ天工人の3社がグループとなる城泊事業について紹介されました。代表上山のコメントとして、「日本の城に泊まれないのをどうにかしたいと思っていた。観光全体の力をあげていくことを目指していきたい」と掲載されています。

日経MJ(2019.7.19)1面にて当社が紹介されました

本日の日経MJ1面にて、「農家に泊まろう」特集が組まれ、当社が紹介されましたのでお知らせいたします。

記事内では、代表上山の地方での農泊の可能性についてコメントが使用されるほか、当社の地方特化型集客支援サービスである「集客コンシェルジュ」導入の秋田県仙北市「農家民宿かまど」での外国人旅行者の滞在の様子が紹介されました。

ITや言語の問題で、民泊や農泊がはじめたいけれどノウハウがない方や、インバウンド対応をしたいけれど専任スタッフを雇用するコストをかけられない、などのお悩みをお持ちの方は、ぜひ当社の「集客コンシェルジュ」をご検討ください。

平戸市、JAL、アトリエ・天工人と「城泊」事業にて協定締結

本日11日、JAL、アトリエ・天工人、当社が、平戸市と「平戸城懐柔櫓宿泊施設化改修・運営事業」の基本協定書を締結し、調印式を行いました。

iOS の画像 (2)

これにより、日本初の「城泊(キャッスルステイ)」施設が常設化され、2020年夏の開業を目指します。

当社は、百戦錬磨グループ(Kessha株式会社、百戦錬磨)にて全体プロデュースおよび施設運営を担当いたします。

同時に、2020年の開業に向け、抽選で無料宿泊イベントにご招待する「城泊」アンバサダーの募集も行います。

この機会にたくさんの方のご参加をお待ちしております。

 

◇ アンバサダー応募専用サイトURL

(日本語)http://mag.stayjapan.com/ja/lp/ambassador/

(英語)http://mag.stayjapan.com/lp/ambassador/

 

◇ プレスリリース本文はこちら
英語版はこちら