民泊施設初・AIチャットコンシェルジュサービス「Bebot」を運用開始

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下百戦錬磨)は、2017年10月より民泊施設としてはじめて、株式会社ビースポーク(本社:東京都港区、代表取締役:綱川明美)の運営する訪日外国人旅行者向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュサービス「Bebot」のサービス提供を開始いたします。カスタマーサービス業務を人工知能により自動化することで、対応スタッフの負担軽減や旅行者の満足度向上などを目指します。まずは、自社運営である民泊1棟マンション「SJ大阪セントラル」にて試験的に導入し、今後はサービス利用状況に応じて導入施設を拡大する予定です。

hyakusen-renma-2

特区民泊をはじめとする家主不在型の民泊サービスにおいて、予約時の質問やチェックインアウトのやり取り、設備やハウスルールに関する相談など、旅行者の問い合わせに対する多言語での迅速な対応が必須となっています。AIチャットボットを採用することで、旅行者がスマートフォンからFacebook Messengerなどのメッセージングツールを使いチャットで問い合わせをすると、24時間365日いつでもリアルタイムにAIが自動対応します。宿泊施設とのコミュニケーション手段としてチャットを選択する訪日外国人旅行者も多いため、ニーズに合わせたツールで滞在中の様々な相談事を解決できます。

百戦錬磨は、これまで、安全・安心な“公認民泊”を推進する中で、民泊予約サイト「STAY JAPAN」の運営をはじめ、公認民泊運営代行サービス、民泊施設運営など、民泊分野の垂直統合的なビジネスモデルを構築してまいりました。今後、住宅宿泊事業法の施行を控え、民泊ホストの利便性、業務効率化や旅行者の満足度向上など、双方のメリットを実現するソリューション拡充に努めてまいります。

◆SJ大阪セントラル用「Bebot」サンプル動画

URL:https://youtu.be/a_UyAR4hSFc

 

◆「Bebot(ビーボット)」

URL:https://www.bebot.io/hotels?lang=ja

「Bebot」は、訪日外国人向けの「AI(人工知能)コンシェルジュ」です。民泊施設向けは英語・中国語に対応しており、施設スタッフに代わり、24時間365日問い合わせに対応します。宿泊者は、使い慣れたFacebook MessengerやWeChatなどのチャットアプリを通じて「Bebot」を利用することができます。レビュー投稿を宿泊者に「Bebot」チャット内で依頼もできます。現在、ホテルなど国内の約4,000室に「Bebot」を提供しています。

プレスリリース本文(PDF)はこちら

東洋経済オンラインにて当社およびSTAY JAPANが紹介されました

9月24日(日)、東洋経済オンラインの「JTB 、民泊にも参入する「第3の創業」の衝撃」をテーマにしたJTB社のトップインタビューを主とした記事の中で、当社との資本・業務提携について紹介いただきました。

記事はこちらをご確認ください。

http://toyokeizai.net/articles/-/190038

NHK「おはよう日本」にて当社およびSTAY JAPANが紹介されました

9月21日(木)、NHKニュース「おはよう日本」において、特集「民泊大競争時代~最前線と課題~」が放映され、当社は日本の民泊予約サイト運営企業の代表として、安全・安心への取組みについて紹介していただきました。「STAY JAPAN」が合法施設のみ掲載していることをはじめ、当社運営の1棟民泊マンション「SJ大阪セントラル」や、一軒家タイプ「SJハウス大阪A」など施設の紹介や、実際の宿泊されたマレーシアの旅行者の対面での本人確認なども取り上げていただきました。ホスト・旅行者の安全への配慮はもちろんのこと、地域との共生を大切にする当社の思いを、事業責任者の羽毛田がインタビューで回答しております。
番組の内容はこちら(テキストのみ)
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0921.html

日本経済新聞(2017.9.12)朝刊にて、当社とJTBとの提携について記事掲載されました

本日12日(火)、日本経済新聞朝刊にて、当社とJTBとの資本・業務提携について紹介されましたので、お知らせいたします。記事の中では、当社がかねてより取り組んできた合法民泊の開発・運営ノウハウを活用し、JTBの持つ誘客支援事業などでの地方自治体との太いパイプでのつながりを活かした取組み支援などについて記載いただいております。

記事はこちらからご覧ください。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ11IH1_R10C17A9TJ1000/

JTBと資本・業務提携

公認民泊サービスの百戦錬磨、JTBと資本・業務提携

―遊休資産の活用による地域活性化を目的とした包括的業務提携を締結―

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下百戦錬磨)と株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区/代表取締役社長:髙橋 広行/以下:JTB)は、古民家・空き家等の遊休資産を宿泊サービス提供施設として活用する民泊サービス事業に向けた広範な提携を行うことに合意し、JTBによる百戦錬磨への資本参加ならびに両者間での包括的業務提携を締結しました。

業務提携の目的

国内では少子高齢化、人口減少に伴う空き家が急増し、防犯、衛生、景観の観点などで、大都市も含めた地域の深刻な課題となっています。一方で、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を控え、訪日外国人旅行者を迎える宿泊施設不足が想定される中、住宅宿泊事業法が成立したことにより「空き家」が「民泊施設」として、宿泊施設不足を解消し、かつ地域の魅力を高めるコンテンツとなることも期待されています。当社は2012年の創業当時より、シェアリングエコノミーという世界的な新たな経済の流れの中で、日本の成長戦略における民泊や農泊の果たす重要な役割に着眼し、合法的な民泊事業を推進してまいりました。こうした背景のもと本提携を契機として、百戦錬磨の公認民泊への普及促進、運営・開発で培ってきたノウハウや経験と、JTBの持つ地域交流事業を通じて培った観光振興に関するノウハウや、法人・個人のお客様への営業ネットワークなどを活用し、両社の共通の目的である「遊休資産」×「民泊」による地域活性化を目的に、お互いの強みを活かしながら協業してまいります。

業務提携の概要

百戦錬磨とJTBの事業資源を相互に活用することで、地域活性化を目的とした民泊事業の推進を目指します。

具体的には以下の通りです。

1.民泊の活用による地域活性化や空き家、古民家等の遊休資産の宿泊施設としての利活用に関する自治体等への地域開発コンサルティング

2.民泊サービス提供事業者の人財育成及び施設運営サポート

3.民泊サービスの販売支援及びプロモーション支援

4.イベント民泊の推進

まずは、2017年9月12日より、JTBグループが提供する訪日外国人旅行者向け予約サイト「JAPANiCAN.com(ジャパニカン・ドット・コム)」と、百戦錬磨が提供する公認民泊予約サイト「STAY JAPAN」とが連携し、JAPANiCANサイト内でのアフィリエイト販売を開始します。増加するインバウンド宿泊需要に対して日本での民泊情報等を紹介することで、訪日外国人旅行者のさらなる誘客を図り、交流を促進してまいります。

リリース本文(PDF)はこちら

NHK「ニュースほっと関西」にて、当社およびSTAY JAPANが紹介されました

8日(金)、NHK大阪「ニュースほっと関西」にて、「民泊最前線 各地で多様化」をテーマに当社の取組みを特集していただきましたのでお知らせいたします。当社運営の「SJ大阪セントラル」・和歌山県の農家民泊「未来農園」を外国人旅行者の方々が利用される様子や、ルールに則った公認民泊の事業者として、消防設備など利用者の安全・安心に配慮した施設運営について民泊運営事業部長・羽毛田(はけた)のインタビューや、民泊予約サイト「STAY JAPAN」の紹介がされました。

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20170908/3512271.html

日経産業新聞(2017.9.1)にて当社が紹介されました

9月1日(金)、日経産業新聞にてSTAY JAPANの取組みが紹介されましたので、お知らせいたします。これは、特集「民泊周辺ビジネス続々誕生」の中で、当社のANAセールスとの協業による民泊ダイナミックパッケージ発売について紹介いただいています。

JAL×農協観光×百戦錬磨コラボ動画コンテンツ~秋田県・仙北市編~を公開

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)は、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木義晴氏、以下「JAL」)、株式会社農協観光(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤本隆明氏、以下「Nツアー」)と連携したウェブサイト「週末ふるさとTrip」にて第6弾となる秋田県・仙北市特集コンテンツを、JALホームページ内「OnTrip JAL」にて本日より公開いたします。今回より新たな取組みとして、訪日外国人向けのPRのため英語版ページや動画も同時公開いたします。このような体験型農泊の提案により、滞在者と地域の住民とのつながりを深め、一過性に終わらせない観光のきっかけ作りとすることで、地域活性化に貢献してまいります。

IMG_3953IMG_3857
◆「週末ふるさとTrip」とは

百戦錬磨とJAL、Nツアーがそれぞれの強みを生かした異業種連携により、農山漁村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動(=グリーン・ツーリズム)を応援するプロジェクトです。百戦錬磨が運営する民泊・農泊予約サイト「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)」は、地方での農林漁業体験型民泊の宿泊予約サービスを行っており、グリーン・ツーリズムの宿泊拠点の選択を行っていただけます。今回の第6弾では、実際に「STAY JAPAN」に掲載中の農家民宿「のどか」に宿泊し、ニンニクの収穫やなえ縄、伝統のみそたんぽ作りの体験や、オーナー家族との交流の様子を動画コンテンツで紹介しています。

 

「週末ふるさとTrip」第6弾・秋田編(日本語版):http://www.jal.co.jp/tabi/furusato-trip/06/

(英語版) :http://www.jal.co.jp/en/dom/special/axt/

 

※今回宿泊している農泊施設は、STAY JAPAN掲載中の「農家民宿のどか」https://stayjapan.com/rooms/1836?locale=jaです。

 

リリース本文(PDF)はこちら

徳島県「古民家、蔵等地域に残る歴史的資源を活用した地方創生」推進協議会に代表上山が参加しました

8月28日(月)、徳島県において県内各地の歴史的資源を「稼げる」視点で有効に活用するための取組の強化を図るため、「古民家、蔵等地域に残る歴史的資源を活用した地方創生」推進協議会第一回の開催がありました。

当社は徳島県と民泊を活用した地方創生の推進に関する連携協定を締結しており、今回の協議会でも「先進的な取組紹介」を発表する一社として参加いたしました。

今後も、歴史的建造物をはじめとする地域資源を活用する宿泊施設の提供を行い、地域活性化に貢献できる事業を展開してまいります。

2

フジテレビ「とくダネ!」にてSTAY JAPANが紹介されました

本日21日(月)、フジテレビ情報番組「とくダネ!」の「のぞき見!リアル とくキュウ」コーナーにて、当社運営の民泊予約サイト「STAY JAPAN」の紹介がありましたので、お知らせいたします。

テーマは、お得で贅沢な「一軒家民泊」をのぞき見!として、番組内の街頭アンケートではおすすめ施設の中から当社提案の沖縄県「美ら海ビーチハウス」が人気1位に選ばれました。

●美ら海ビーチハウス:https://stayjapan.com/rooms/1102

STAY JAPANでは、日本全国のユニークな1軒家民泊を取り扱っています。