年末年始休暇のお知らせ

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社では、誠に勝手ながら本年度の年末年始休暇を以下の日程で実施させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

———————————————————————–——————–
年末年始休業期間:2016年12月28日(水)~2017年1月3日(火)
※2017年1月4日(水)から平常どおり営業いたします。
———————————————————————–——————–

子会社のとまれる代表三口の著書がAmazonで予約受付開始となりました

12月9日(金)より、子会社のとまれる株式会社代表三口の著書「民泊ビジネスのリアル」が、Amazonにて予約受付開始となりました。

これは、公認民泊を推進する当社が、安心・安全な民泊を運営するために知っておきたい大ブームの裏側と正しい民泊ビジネスについて紹介したものです。当社が提唱する、民泊運営者・旅行者・宿泊業者・近隣住民の方々など、社会全体がメリットを得ることのできる理想の民泊の形を示しています。

ぜひ、ご興味のある方はご覧ください。

Amazon予約受付ページ

https://www.amazon.co.jp/dp/4344910621/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1481503992&sr=8-1&keywords=%E4%B8%89%E5%8F%A3%E8%81%A1%E4%B9%8B%E4%BB%8B

 

IMG_9313

 

子会社のとまれるが大阪市特区民泊の第1号認定を取得。 本日より宿泊予約の受付開始

とまれる株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三口 聡之介、以下「とまれる」)は、大阪市での特区民泊において、本日、第一号の認定を取得いたしました。本認定は、国家戦略特別区域法及び各特区区域内の条例等に定められた認定基準を満たした事業として認定を受けたものです。とまれるが運営する民泊仲介サービス「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)では、この第一号施設「SJアパートメント大阪なんばA」を、従来の宿泊施設とは異なる、民泊ならではの滞在型宿泊スタイルの一つの提案として、乳児・幼児連れのご家族向け“ファミリー・フレンドリー”型施設として企画しました。

6O6A9292

【SJアパートメント大阪なんばA】

場所:大阪市中央区島之内

物件仕様:広さ35㎡、間取り1DK

物件詳細URL: https://stayjapan.com/rooms/1353

 

詳しくは、プレスリリースをご確認ください。

プレスリリース本文はこちら

 

首相官邸にて開催の「第25回 国家戦略特区諮問会議」で代表上山が発表しました

11月9日(水)、首相官邸において行われた内閣府地方創生推進事務局「第25回 国家戦略特区諮問会議」に、代表上山が参加し、特区民泊の成果と全国ルールに向けての課題、として発表いたしました。

IMG_3608

 

国家戦略特区諮問会議についてはこちら

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/shimonkaigi.html

発表資料はこちら
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai25/haihu2.pdf

JAL×農協観光×百戦錬磨コラボ動画コンテンツ公開

JAL×農協観光×百戦錬磨コラボ動画コンテンツ公開

―熊本県・阿蘇地域にて体験型民泊を提案―

 
株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:上山康博、以下「百戦錬磨」)及び子会社のとまれる株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:三口聡之介、以下「とまれる」)は、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木義晴氏、以下「JAL」)、株式会社農協観光(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤本隆明氏、以下「Nツアー」)と連携したウェブサイト「週末ふるさとTrip」にて第3弾となる熊本県・阿蘇地域特集コンテンツを、JALホームページ内で2016年11月2日より公開いたしました。このような体験型民泊の提案により、滞在者と地域の住民とのつながりを深め、一過性に終わらせない観光のきっかけ作りとすることで、地域活性化に貢献してまいります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ふるさと

 

 

 

 

◆「週末ふるさとTrip」とは

百戦錬磨とJAL、Nツアーがそれぞれの強みを生かした異業種連携により、農山漁村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動(=グリーン・ツーリズム)を応援するプロジェクトです。とまれるが運営する民泊仲介サイト「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)」は、地方での農林漁業体験型民泊の宿泊予約サービスを行っており、グリーン・ツーリズムの宿泊拠点としてご利用いただけます。今回の第3弾では、実際に「STAY JAPAN」に掲載中の体験民宿「なかむら牧場」に宿泊し、オーナー家族との交流や牧場や農業体験の様子を動画コンテンツで紹介しています。

「週末ふるさとTrip」第3弾・熊本編:http://www.jal.co.jp/tabi/furusato-trip/03/

ANAセールスと協業開始しました

ANAセールス 公認民泊仲介サービス会社 百戦錬磨と協業開始

~「体験型民泊」で新しい日本を発見~

 

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長 上山康博、以下百戦錬磨)とANAセールス株式会社(代表取締役社長 今西一之 本社 東京都中央区)は業務連携し、百戦錬磨の子会社であるとまれる株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:三口聡之介)を通じて運営する公認民泊仲介サービス「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)との提携販売を本日より開始いたします。

民泊仲介サービス「STAY JAPAN」は、都市部から田舎まで日本全国の生活を体験できる民泊プラットフォームです。近年、日本における人口の減少と少子高齢化の進展により「空家」の増加が社会問題化しています。そのような中、空家の遊休不動産活用法の一つとして、民泊などの住宅シェアリング事業が注目されています。

今後は、ANAセールスが主催する国内旅行商品にて、「STAY JAPAN」内の農業体験や漁業体験ができる「農林漁家体験民宿」や昔からの趣を残す日本家屋に泊まる「古民家民泊」などを組み込んだ航空券付きパッケージツアーの展開を図ってまいります。

今回の協業をさきがけに、互いのリソースを活用し、従来の航空券付きパッケージツアーでは、なかなか体感できない体験型民泊を目的とした新たな旅の提案をしてまいります。

 

■ANAウェブサイト内 STAY JAPAN紹介サイト

 

【詳細URL】 https://www.ana.co.jp/domtour/theme/hotel/stayjapan/

歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース第2回に代表上山が出席しました

10月18日(水)、首相官邸にて行われた「歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース」に代表上山がアドバイザーとして出席し、発表をいたしましたのでお知らせいたします。

これは、政府が今年3月に策定した「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき組織したもので、地方の古民家などを再生・活用し、魅力ある「観光まちづくり」を推進するための方策を検討することが目的のものです。当社の国の推進する観光立国を目指した地方創生への取り組みにより、今回の出席に至りました。

 

「歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース第2回」についてはこちら

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/taskforce_dai2/gijisidai.html

発表資料はこちら

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/taskforce_dai2/siryou4.pdf

 

「インバウンド観光ベンチャーピッチ」にて当社代表上山が登壇しました

10月18日(火)、観光立国推進協議会主催、観光庁後援のツーリズムビジネスクリエイタープラットフォーム事業「インバウンド観光ベンチャーピッチ」にて、百戦錬磨代表上山が、「民泊を活用した地域活性化」をテーマに登壇いたしましたので、お知らせいたします。

トーマツピッチ① トーマツピッチ②

民泊施設オーナー向け“公認民泊代行プラン”を新開発

―特区認定申請サポートから初期セットアップ・宿泊者対応までワンストップ―

民泊施設オーナー向け“公認民泊代行プラン”を新開発

 

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長 上山康博)は、東日本電信電話株式会社(本社: 東京都新宿区、代表取締役社長:山村雅之、以下「NTT東日本」)および西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長: 村尾和俊、以下「NTT西日本」)の光コラボレーションモデルを活用した民泊施設オーナー向けトータル支援ソリューションパッケージ「民泊サポートパック」の提供に向けて、2016年10月31日より共同で試験提供を開始いたします。これは、国家戦略特区での民泊申請を10月31日より開始する大阪市において試験提供するものです。
また、同時に子会社のとまれる株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:三口 聡之介、以下「とまれる」)を通じて、特区民泊をすでに開始している東京都大田区や大阪府での実績から、民泊施設オーナーのご要望を受け、公認民泊申請サポートから初期セットアップ、運用代行など“公認民泊”運営をフルサポートするサービス「まかせる」を新たに開発・提供いたします。大阪市での徹底的な利用者ニーズ検証により、今後は全国に展開し、“公認民泊”の普及による地域活性化を目指してまいります。

現在、政府は観光立国に向けて2020年までに訪日客を4,000万人、2030年には6,000万人に増やす目標を掲げています。そのための施策として民泊を推進するための規制緩和を進めています。一方でルールを無視した違法民泊が国内に溢れている現状から、“公認民泊”の拡大が急務となっています。

当社が、とまれるを通じて運営する民泊仲介サービス「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/)は、都市部から田舎まで日本全国の生活を体験できる民泊プラットフォームです。利用者の安全・安心を守るため自治体の認可を得た“公認民泊”のみを取り扱っています。

“公認民泊”をはじめたい物件オーナーにとって、特区認定の申請や消防法関連申請、近隣住民の方々への周知などをはじめ、家具の購入・設置やハウスルール作成など初期セットアップ業務は多岐にわたります。また、運用開始後も価格調整や他言語での宿泊者対応・清掃作業など数多くの業務が発生いたします。とまれるでは、民泊をはじめようとする物件オーナーに対し、賃貸物件の場合に管理会社におまかせするように、 “公認民泊”をワンストップで提供できるサービスとして「まかせる」を開発しました。
今回のNTT東日本・NTT西日本との連携により、特に要望が高い光回線とWi-Fiサービス等のパッケージ提供から開始し、今後はスマートフォンで鍵の操作ができる「スマートロック」や騒音を検知する機器「騒音センサー」など安全安心な民泊施設運営を可能とするサービスの充実も目指してまいります。

◆参考URL

・公認民泊プラットフォーム「STAY JAPAN」(https://stayjapan.com/
「STAY JAPAN(ステイジャパン)」は、日本ならではの“生活体験”ができる民泊掲載/予約サイトです。民家・アパート・マンション、古民家などの空き部屋やユニークな場所に宿泊することができます。都市部の生活空間に暮らすように滞在したり、地方で日本の伝統文化や田舎体験を通じて現地の方と交流したり、「日本」をもっと深く知ることのできる旅の拠点を提供します。

・公認民泊代行プラン「まかせる」(https://campaign.stayjapan.com/info_seminar/#Support
【標準プラン 取扱内容】
1.スタートアップ
・特区認定申請サポート
・消防設備手配
・家具家電・備品手配
・写真撮影
・ハウスガイド制作
・アカウント登録・施設掲載 など

2.オペレーション
・宿泊予約管理・価格調整
・ゲスト問い合わせ・レビュー対応
・ゲスト現地対応
・清掃手配代行
・実績集計・分析・レポート など

以上

プレスリリース本文PDFはこちら

NTT西日本と連携 公認民泊トータル支援ソリューション「民泊サポートパック」の試験提供について

株式会社百戦錬磨(本社:宮城県仙台市、代表取締役: 上山康博、以下「百戦錬磨」)と、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長: 村尾和俊、以下「NTT西日本」)は、今後、 民泊施設オーナー様向けに通信環境の構築及び各種宿泊者サポートを実現するトータル支援ソリューションパッケージ「民泊サポートパック」の提供に向けて、共同で試験提供することで合意しました。

具体的には、特区民泊が予定されている大阪市内の民泊施設オーナー様向けに「民泊サポートパック」の申込みを2016年10月11日より開始し、2016年10月31日より試験提供を開始。また、全国の特区民泊に関する条例整備を踏まえて 試験提供エリアを拡大しつつ、宿泊者のニーズ検証を行います。

その後、年度内を目途に、検証結果等を踏まえたサービスラインナップの充実を図った上で本格提供を展開する予定です。全国各地の民泊に関する条例整備を踏まえた公認民泊事業のトータル支援ソリューションサービスを提供することで、全国各地の観光誘致・産業振興等地域活性化に貢献してまいります。

 

1.試験提供の背景

現在、政府は観光立国に向けて、2020年までに訪日客を4,000万人、2030年には6,000万人に増やす目標を掲げています。本目標の達成にはホテルや旅館の整備だけでは十分な受け入れが確保できないことから、一般住宅に旅行客を有料で泊める「民泊」を活用するための規制緩和が進められています。しかし現状は、ルールを無視した違法民泊が多く存在しており、今後は利用者の安全安心を守る公認民泊の拡大が必要とされています。

こうした背景を踏まえ、百戦錬磨、NTT西日本は、ICTの活用によって、旅行者が安心・便利に利用できる「スマートな民泊環境」の実現をめざし、この度共同での試験提供に至りました。

 

2.「民泊サポートパック」試験提供概要とめざす姿

民泊サポートパック」は、アクセスサービス、Wi-Fiサービス、光BOX+をパッケージ化したサービスです。試験提供によるニーズ検証及び民泊に関する条例整備を踏まえたサービス拡充を図ることで、「スマートな民泊環境」の実現・提供をめざし、さらなる民泊事業の発展及び全国各地の地域活性化へ貢献してまいります。

【別紙】 「民泊サポートパック」概要イメージ とめざす姿

 

 3.各社の役割

■ 百戦錬磨

民泊サポートパック」の提供(販売元)

<「民泊サポートパック」メニュー>

・アクセスサービス「ステイジャパン光」

・Wi-Fiサービス「STAY JAPAN Wi-Fi1

・セットトップボックス「光BOX+(HB-2000/情報機器)※2

サービスラインナップの充実に向けたニーズ検証、課題解決の検討 等

※1 STAY JAPAN Wi-FiはNTT東日本の「ギガらくWi-Fi」のOEM提供を受けています。

※2本製品の利用には、HDMI 端子付のテレビが必要です。

詳しくは、NTT西日本ホームページ(http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/hb-2000/)にてご確認ください。

 

■ NTT西日本

セットトップボックス「光BOX+※2」のOEM提供

セットトップボックス「光BOX+※2」のOEM提供事業者向け専用画面表示機能※3の提供

サービスラインナップの充実に向けたニーズ検証、課題解決の検討 等

※3 詳しくは、NTT西日本ホームページ

(2016年3月31日 報道発表資料:http://www.ntt-west.co.jp/news/1603/160331a.html

をご確認下さい。

 

 4.試験提供期間・実施場所

 (1)お申込み開始日

2016年10月11日~

  (2)試験提供開始日

2016年10月31日~

(3)試験提供実施場所

大阪市内(特区民泊条例を2016年10月31日から施行)を皮切りに特区民泊の認定状況を踏まえ随時展開

 

5.試験提供期間における「民泊サポートパック」のご利用料金

民泊登録施設1部屋あたり ・戸建てタイプ月額 9,800円(税抜)~

・マンションタイプ月額8,800円(税抜)~

 

6.お申し込み先

百戦錬磨特設ページ

<URL> https://campaign.stayjapan.com/hikari/

 

 7.今後の予定

本試験提供の検証結果を踏まえ、年度内を目途にトータル支援ソリューションパッケージサービスの

本格提供(全国での提供)をめざします。

以上

 

【別紙】 「民泊サポートパック」概要イメージ とめざす姿

プレスリリース本文PDFはこちら